基本的に妊娠中の脱毛はオススメできません・・

基本的に妊娠中の脱毛はオススメ出来ません。
それはフラッシュ脱毛やレーザー脱毛などでの施術が子宮や胎児に悪い影響を与えるからというわけではありません。
妊娠中の脱毛がオススメ出来ないのは、脱毛時にどうしてもある痛みによって陣痛を誘発させたり、痛みによる刺激やストレスが母体に与える影響を考えてのことです。

 

妊娠中はただでさえ通常時とは違う状態なのですから、万が一のトラブルが起こってしまっては大変です。

ホルモンバランスが乱れていることもあり、脱毛効果がしっかり出るかどうかも疑問ですし、不安定な身体の状態では脱毛の施術を受けることは出来ず、そのためエステサロンなどでは妊娠中に脱毛を希望しても施術を受けることが出来ないのです。
また、お腹が大きくなってきた状態でベッドの上に横たわったり、同じ体勢でいるのも難しいですよね。
ただどうしても脱毛をしたいという妊婦さんもいるでしょう。
その場合は、セルフケアでしかも刺激の少ない低刺激の脱毛クリームを使用するようにしましょう。

 

低刺激な脱毛クリームBEST3

低刺激な脱毛クリームのオススメランキングをご紹介します。

Dレジーナ

まず第1位にオススメ出来るのが「Dレジーナエピプレミアム」です。
Dレジーナエピプレミアムは、毛髪と肌のプロが共同開発した脱毛クリームです。
その大きな特徴としては徹底的に肌への優しさにこだわって開発されていて、美容成分をたっぷり配合していることもあり、敏感肌の人も使用できる脱毛クリームとして評価を得ています。
敏感肌の人は、肌への刺激に人一倍敏感ですから、敏感肌の人が安心して使用できるということは、それだけ低刺激なクリームであることがわかりますね。
また脱毛後の肌が美しくなるようにと美肌成分がたっぷり配合されていますから、肌を刺激から守ってくれます。

 

 

ブラックエピ

次に第2位にオススメできるのは「ラグジュアリーブラックエピ」です。
最大の特徴は医薬部外品なので肌にも優しくそして何より美容成分がたっぷり含まれていることです。
ビタミンC誘導体、ローズマリー、プラセンタエキスなどの美白成分、スギナエキス、松エキスの保湿成分、ホップエキス、レモンエキスなどの収斂引き締め成分などがふんだんに入っています。
これら美容成分が、除毛クリームに入っているので、低刺激でしかも除毛することで肌を傷めないような配慮されています。
例えば、毛を抜こうとすると皮膚までとれそうな根深い超剛毛であっても、配合されているメディカルカーボンが毛穴の汚れと共にケアしてくれるので、安心です。

 

 

リムーバーミルク

そして第3位のオススメは「プレミアム・リムーバーミルク」です。
有効成分チオグリコール酸を配合した医薬部外品の除毛クリームで、しっかりと除毛しつつも、肌への刺激が少なくなるように開発されています。
もちろん、肌への優しさも追求されているので、アロエエキス、カッコンエキス、大豆エキス、サクラ葉エキスなどの美肌成分もたっぷり配合されていて、ムダ毛を処理した後の肌のケアも忘れません。
これら3つの脱毛クリームは、非常に低刺激な脱毛クリームですから、肌が弱いけど脱毛したい人にかなりオススメの脱毛クリームです。

このページの先頭へ